FX

テクニカル指標の使い方を覚える

 

システムトレードを理解する上で、まず覚えなければならないのが、テクニカル指標です。

 

多くのシステムトレードでは、テクニカル指標を基に相場の状態を判断して、売買を行っています。

 

テクニカル指標は、過去の偉人が発明した、相場を分析するためのツールです。

 

テクニカル指標には、有名なものでは、移動平均線やボリンジャーバンド、RSI、スローストキャスティクスなどがあります。

 

テクニカル指標を使って相場を分析することをテクニカル分析といいます。

 

これらのテクニカル指標は、大別して2種類あり、1つは、「トレンド系のテクニカル指標」といって、トレンドの方向や大きさを示すために使うものです。

 

もう1つは、「オシレーター系のテクニカル指標」といって、売られすぎ・買われすぎといった相場の過熱感などを視覚的に分かるようにしたものです。

 

トレンド系のテクニカル指標

トレンド系のテクニカル指標には、移動平均、ボリンジャーバンド、一目均衡表、平均足などがあります。

 

トレンド系のテクニカル指標は、相場の大局(方向性)を計るのに適しています。

 

例えば、移動平均が実際の価格よりも下にあって、右上がりになっているときは、上昇トレンドが発生している、といったように判断することができます。

 

ボリンジャーバンドは、レンジの上限や下限を測るためにも使う指標ですが、相場の方向性を判断するためにも使えるため、トレンド系のテクニカル指標に分類されています。

 

オシレーター系のテクニカル指標

オシレーター系のテクニカル指標には、RSI、ストキャスティクス、MACD、%Rなどがあります。(MACDはトレンド系のテクニカル指標という人もいますが、どちらにも当てはまるものだと思います)

 

「オシレーター」とは「振り子」という意味があり、実際にこれらのテクニカル指標を表示させてみると、波のように上下にいったりきたりする形になっているのがお分かりいただけると思います。

 

オシレーター系のテクニカル指標は、相場の行き過ぎを測るのに使います。

 

比較的短期の反転狙いに適しています。ただ、相場が行き過ぎた場合、あくまで反転する確率が高いというだけで、必ず戻ってくるわけではありませんので、過信しすぎないように注意してください。

 

テクニカル分析は信頼できるのか、ということが話題になることもありますが、私の意見としては、使い方を間違えなければ、ある程度は使えると考えています。

 

相場は、相場参加者の売買によって動くものですから、相場参加者の心理が影響します。

 

「相場は繰り返す」という言葉があるように、バブルやパニック相場では、トレンドが発生し、一方向に相場が動くことがしばしばあります。また平常時には、高いところで売り、安いところで買いたい人が多いため、一定範囲内をレンジで動くというようなことが多いのです。

 

このように、相場は似たような動きを何度となく繰り返していますので、そのような相場の動きを測るためのテクニカル指標が役に立ちます。

 

テクニカル指標を、相場の動きを測るためのツールとして活用できるようになると、より一層、相場の動きを理解できるものと考えております。

 

テクニカル分析に関連する書籍も多数出ていますので、参考にするのも良いと思います。

 

ただし、根拠の無いことを書いてある書籍も多いため、あくまで参考程度にとどめて、鵜呑みにはしないほうが良いです。

 

 

« Older Entries

  • アフィリエイター募集中!

    トレードサイクロン株式会社は、
    ただいまアフィリエイターを募集しています。
    あなたのブログやサイトで商品をご紹介していただき 報酬をGETしてください。
    無料登録はバナーをクリック↓
    bn_affi_ani
  • 商品

    bn_sgt90x90



    bn_90_90
  • 【PR】

  • FX会社ランキングサイト

  • MT4対応の証券会社

    ranking04-11001 アヴァトレードジャパン
    スプレッド EURUSD1.9pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    avatrade120_60

    ranking04-11003OANDA Japan
    スプレッド  EURUSD0.8pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎ OANDA Japan
  • bn_tn_b2
  • このサイトでは次のような事を掲載しています。
    ●MT4(メタトレーダー4)のダウンロードから各種設定方法に関して
    ●EA(Expert Advisor)に関して