移動平均線について


 

移動平均線(Moving Average)はテクニカル分析では最も基本的なツールです。
 
 
もちろん、MT4のCustom Indicatorにも組み込まれています。
 
 
 
 
 
 
Moving Averagesの欄で右クリックし、「チャートに表示」を選択します。
 
 
 
 
 
このようなWindowが表示されます。
 
 
パラメーーの入力タブに、3つのパラメータが表示されます。
 
 
MA_Periodは移動平均線の本数を定義します。
 
 
例えば、日足チャートでMA_Periodが13本というのは、13日移動平均線ということになります。
 
 
MA_Shiftは移動平均線をずらす本数で、移動平均線のクロスを使用したい場合に適用します。
 
 
MA_Methodは移動平均線の種類を選択します。0⇒SMA 1⇒EMA 2⇒SMMA 3⇒LWMAで定義されます。
 
 
移動平均線は単独での使用でもある程度精度良く相場を予想できますが、騙しに会いやすい、本数次第で分析精度が大きく違ってくる、という特徴もありますので、他のテクニカル指標と併用して相場分析することが大事です。
 
 

 

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

  • MT4対応の証券会社

    ranking04-11001 アヴァトレードジャパン
    スプレッド EURUSD1.9pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    avatrade120_60

    ranking04-11003OANDA Japan
    スプレッド  EURUSD0.8pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    OANDA Japan