フォワードテストについて


 

自動売買システムが完成したら、まずは正常に稼働するかどうかをチェックしな いといけません。

 

実際にデモ口座やリアル口座でEAを稼動させて、テストすることをフォワードテ ストと言います。

 

これとは反対にバックテストというのは、売買ロジックを組み立てる時にやります。

 

過去の値動きを参考にして、プログラムの構成を決めて、 理想的な資産の増加となるような売買ロジック(数式)の係数(パラメータ)を 求めていきます。

 

最適化と言って、そのパラメータの最も良い組み合わせをトライアルで計算して いき、最も結果が良いパラメータを決めて、EAが完成します。

 

完成したら、フォワードテストをやる、という流れです。

 

最適化でも良い結果が出ない場合は、根本的な売買の概念が間違っているという ことですので、スタートに戻ってやりなおし、ということになります。

 

これらの作業を延々とやります。

 

 

 

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

  • MT4対応の証券会社

    ranking04-11001 アヴァトレードジャパン
    スプレッド EURUSD1.9pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    avatrade120_60

    ranking04-11003OANDA Japan
    スプレッド  EURUSD0.8pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    OANDA Japan