EA PC環境によって取引実績が異なる


 

PC環境や通信環境が異なることで取引実績が異なってくる現象が起こります。

これは、微妙な値動きをとらえたエントリーエグジットを行うEAではよく起こる現象です。

 

同じブローカーで、同じEAを使用していたとしても売買実績が異なってきます。

 

ここで注意して頂きたいのはエントリーしたからといって、そのトレードが必ず利益とは限らないことです。

 

逆にエントリーしないことで機会損失となりますが、そのトレードがすべて利益を出すとも言えません。

 

システムトレーダーは、

「システムの運用環境の差も、許容し受け入れなければなりません」

 

ご自身の運用環境に応じて、運用するEAを選択したりパラメータを調整すると

いった事は、運用者の自己責任で行って頂くことになります。

 

エントリーの有無で、大きく利益が違ってくるように見えることもありますが、スキャルピングEWAには多い現象だと認識して頂ければと思います。

 

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

  • MT4対応の証券会社

    ranking04-11001 アヴァトレードジャパン
    スプレッド EURUSD1.9pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    avatrade120_60

    ranking04-11003OANDA Japan
    スプレッド  EURUSD0.8pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    OANDA Japan