ターミナルウィンドウの見方


SBIFXトレード

 

MT4の画面部分は重要度という観点から5つのウインドウからなります。

 

このうちのターミナルウィンドウの見方について解説します。

 

CG8564

 

・ターミナルウィンドウ

CG6DDD

ターミナルは口座情報、取引、各ツールの設定、稼働状況を把握する重要なステータスです。

 

8つ(取引、口座履歴、ニュース、アラーム設定、メールボックス、Signals、Experts、操作履歴)のタブから構成されています。

 

それぞれについて解説します。

 

 

 

・取引タブ

CG55BA
 

口座残高、有効証拠金、余剰証拠金が表示されます。

 

ポジションがない場合は、これらの3つは同じ金額の表示となりますが、ポジションを取った場合は、ブローカーの証拠金ルールに基づいて有効証拠金、余剰証拠金が表示されます。

 

ブローカーが設定するロスカットルールに接触した場合、余剰証拠金が0となった瞬間に強制的にロスカットされますので、ご注意ください。

 

 

・口座履歴

CG3F9A
 

過去のトレード結果を表示します。

 

注文番号や取引時間等が表示されますが、それぞれの項目をクリックすると順番に整列表示させることができます。

 

通常はポジションエントリー時間の順番で表示されます。

 

損益計の額は、過去のトータル収支です。

 

・ニュース

CG269D

 

ブローカー側から配信されるニュースの項目です。

 

閲覧したい記事をダブルクリックすることで、ニュースの詳細を読むことができます。

 

海外のブローカーの場合は英語標記となります。

 


CG9CA

 

 

・アラーム設定

CGED34

 

 MT4にはあるレートに達した際にアラームで知らせる機能が実装されています。

 

アラーム設定タブで右クリックするとアラーム設定ウィンドウが表示されます。

 

例えば、USDCHFで0.93200以下のBidレートとなった場合にアラートを鳴らす設定は上の通りとなります。

 

OKをクリックすると、下のように設定が受け付けられます。

 


 CGD30F

 

なお、メールでアラートを配信させることができます。(ここでは省略します)

 

 

・メールボックス

 CGBC91

 

ブローカー側からの連絡事項が表示されます。

 

ダブルクリックすることで、各連絡事項の内容を見ることができます。

 


CGA0A7

 

 

・Signal

 CG85E6

これはブローカーにもよりますが、トレードの参考となるシグナルを紹介するサービスです。

 

サービスしていないブローカーもあります。

 

これらのシグナルは実際に稼動させているものですが、かなりいい加減なものが多いようですので、ご注意ください。

 

・Experts

CG6E8E
 

EAや各種インジケーター、スクリプト等の稼働状況を把握することができます。

 

これらのツールで不具合等が存在する場合は、正常な設定ができません。

 

その場合、この欄にエラーが表示されます。時間標記はMT4を組み込んでいるOSと同じ時間です。

 

 

・操作履歴

各種ツールに加え、口座のログイン状況やサーバーの状態等を把握することができます。

 

不具合等がある場合は、この欄にエラーが表示されます。

 

時間標記は組み込んでいるOSと同じ時間です。

 

CG5469

 

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

  • MT4対応の証券会社

    ranking04-11001 アヴァトレードジャパン
    スプレッド EURUSD1.9pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    avatrade120_60

    ranking04-11003OANDA Japan
    スプレッド  EURUSD0.8pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    OANDA Japan