日足について


 

MT4は様々なカスタムインジケーターが使用できる、非常に優れたプラットフォームです。

 

しかも無料で使用できるというメリットが、ユーザーを爆発的に増やした要素でもあります。

 

MT4を使用して、手軽にテクニカル分析できる一例を移動平均線を例としてご紹介してみましょう。

 

 

上の段のチャートはEURJPY5分足、下の段のチャートはEURJPY日足です。

 

このところのユーロ圏の信用不安で、ユーロが下落トレンドを辿っています。

 

日足ベースですと、ほぼ5日移動平均線にそって下落していることがうかがえます。

 

非常に綺麗な下落トレンドです。

 

ただ、ここ数日間、下落トレンドが一旦止んで、調整局面となっています。

 

5日線を上抜けて、一旦ユーロの買い戻しとなっています。

 

セオリーとしましては、日足に逆らわず、短期的な買いを入れたいタイミングでして、このタイミングですと、5日線にタッチしてサポートされている状態となり、ユーロの打診買いのサインが点灯していることになります。

 

これは5分足チャートだけを見ても分かりません。

 

ただし、このタイミングで打診買いを入れるのはセオリーですが、日足の5日線を再度割ると、ここ数日間のユーロの買い戻しは、日足ベースで騙しであるということが確定してしまいます。

 

全力買いは見送るべきであると思います。

 

このように、短時間足では長期のトレンドが見えません。

 

日足チャートに沿った逆らわないトレードが重要となります。

 

ただし、さらに長期の週足、月足を参考にするというのは、FXトレードには向かないと思います。

 

例えば、長期的な日本円の値下がりをヘッジするために外貨預金を購入する際には、長期で外貨を保有することになりますので、その場合は、週足や月足の動向が参考になると思います。

 

FXトレードはある意味、投機ですので、日足を参考にするレベルで十分であると思います。  

 

 

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

  • MT4対応の証券会社

    ranking04-11001 アヴァトレードジャパン
    スプレッド EURUSD1.9pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    avatrade120_60

    ranking04-11003OANDA Japan
    スプレッド  EURUSD0.8pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    OANDA Japan