mq4とex4(プログラムと実行ファイル)


 

インターネットで配布されているEAやカスタムインジケータをダウンロードした際に、ファイルの拡張子が、「.ex4」となっているものと、「.mq4」となっているものがあると思います。

(拡張子というのは、ファイル名の後ろにある「.(ドット)」以降のものです。拡張子で、ファイルの種類を判別します。)

 

特に有償で配布されているEAやカスタムインジケータの拡張子を見ると、「.ex4」という拡張子になっていることが多いと思います。

 

これは、書いたプログラムをコンパイル(変換処理)してできた実行ファイルのことで、チャート上で動作させるためには、この「.ex4」のファイルだけあればOKです。

 

もう一方の「.mq4」の拡張子が付いたファイルは何かというと、ソースコードといって、プログラムを編集するときにはこの「.mq4」の拡張子が付いたファイルが必要になります。

 

しかし、「.mq4」ファイルだけではプログラムを実行できません。メタトレーダーが理解できる形式の実行ファイルにする必要があります。

それが、「.ex4」ファイルになります。

(なお、「.mq4」ファイルがあれば、メタトレーダーが自動的に「.ex4」ファイルを作成してくれますので、特に気にする必要はありません。)

 

また、「.ex4」ファイルは、ダブルクリックしても、開くことができません。

「.ex4」ファイルは、所定のフォルダ(メタトレーダーがインストールされているフォルダの中の「experts」フォルダ)に設置することで、正常にEAが自動売買を行います。

 

なお、EAの設定方法は、後で説明致します。

 

余談ですが、「.ex4」ファイルだけの場合、メタトレーダーの「ターミナル」の「Expert Advisors」の中のマークの色が灰色に変りますが、動作上は全く問題なく使えますので大丈夫です。

 

 

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

  • MT4対応の証券会社

    ranking04-11001 アヴァトレードジャパン
    スプレッド EURUSD1.9pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    avatrade120_60

    ranking04-11003OANDA Japan
    スプレッド  EURUSD0.8pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    OANDA Japan