FX自動売買でほったらかし運用


 

FX取引をする場合、相場分析を行い、予測を立てて、PCの前に貼りついて取引のチャンスを待ち、チャンスがきたら証券会社の取引用ソフトから、手動でエントリーやエグジットの注文を発注するのが普通のやり方です。

 

このような取引の方法を、裁量トレードと言います。

 

一方、自動売買とは、専用の取引ソフトを用いて、人手を介さずに、機械的にFX取引を行うことを言います。

 

裁量トレードの場合、トレーダーには、相場分析力がもとめられます。

 

また、常に情報収集をしたり、チャートを見続けなければいけないため、忍耐力が求められます。

 

が、人間ですので、どうしても個人的な感情が入ってしまい、取引判断がブレてしまったり、画面から目を離している間に取引チャンスを見逃してしまったりという問題がよく起こります。

 

このような裁量トレードのデメリットに対して、自動売買では、決められたルールに従い、これらの作業を全てソフトが肩代わりしてくれますので、一切の感情を排して淡々とトレードを行うことが可能です。

 

最初のうちは、チャートを見てしまって裁量でトレードしたくなるかもしれませんが、取引を自動化することで、PCの前に貼りついている必要がなくなりますので、トレードするための拘束時間から開放され、自由な時間が増えます。

 

本書では、自動売買の中でも、メタトレーダーという専用ソフトにEA(Expert Advisor)というプラグインのようなものを組み込んで使用する方法について記載しています。

 

メタトレーダーはFX自動売買といえば第一に名前が挙がる、最もメジャーなプラットフォームです。

 

自動売買の命ともいえる売買ロジック(EA)の種類が豊富なため、トレーダーにとって選択肢が多く、柔軟な投資戦略を立てやすいのです。

 

 

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

  • MT4対応の証券会社

    ranking04-11001 アヴァトレードジャパン
    スプレッド EURUSD1.9pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    avatrade120_60

    ranking04-11003OANDA Japan
    スプレッド  EURUSD0.8pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    OANDA Japan