Eメールの設定を行う


 

自動売買なので何もしなくて良いとは言うものの、きちんと売買が行われているかどうか、気になる方も多いと思います。

 

そんなときに便利なのが、メタトレーダーのEメール通知機能です。

 

EAやカスタムインジケータが、メール送信機能を装備している場合に限りますが、メール設定をしておくだけで、売買サインが出た際に、メールでお知らせが届きます。

(補足:EAやカスタムインジケータにメール送信機能が装備されてなくても、取引を自動送信するツールなども公開されていますので活用すると良いかもしれません。)

 

今回は、Yahooメール(フリーメール)を使った設定例をご紹介します。

 

※お使いのメールのプロバイダによっては、送信できない場合があります。

 

例えば、Gmail(フリーメール)では、送信の際の接続方式が異なるため、メタトレーダーから直接送信することができません。

 

そのため、Yahooメールのアカウントを取得して設定されることをお勧めします。

 

 

Yahooメールの設定

Yahooメールのアカウントを取得してから、Yaooメールの「メールの設定」⇒「POPアクセスとメール転送」⇒「ブラウザアクセスとPOPアクセス」にチェックを入れて「設定する」をクリックという設定を行っておきます。

 

 

Yahooメールの設定

※この設定をしておかないとMT4からメールが送れません

 

次に、メタトレーダーのメール設定を、オプション画面の「E-メール」タブで行います。

 

オプション画面「E-メール」タブ

 

 

それぞれの項目に、以下のように入力していきます。

 

有効にする

「有効にする」のチェックボックスにチェックを入れます。

すると、以降の項目に入力ができるようになります。

 

SMTPサーバー

「smtp.mail.yahoo.co.jp:587」と入力します。

他のプロバイダのメールアドレスを使用する際は、そのプロバイダのSMTPサーバーのアドレスを記入してください。

 

SMTPログインID

YahooメールのIDを入力します。

他のプロバイダのメールアドレスを使用する際は、そのプロバイダで使用しているメールアカウントのアカウントIDを入力します。

 

SMTPパスワード

Yahooメールのログイン用パスワードを入力します。

他のプロバイダのメールアドレスを使用する際も、ログイン用のパスワードを入力します。

 

発信元

送信元のメールアドレス(Yahooメールのメールアドレス)を入力します。

 

送信先

メール送信先のメールアドレスを入力します。

携帯電話に通知したい場合は、携帯のメールアドレスを入力します。

この際に、発信元のメールアドレス(Yahooメールのアドレス)からのメールを受信できるように設定しておいてください。

未登録のアドレスからのメールを受信拒否しているとメールが届きませんので注意が必要です。

 

Test

設定後に、この「Test」ボタンを押すと、テストメールが送信されます。

メールが受信できれば、正しく設定できているということが確認できます。

 

※注意:携帯電話に転送する際に、正しくメールが受信できない場合は、受け手の携帯電話のほうで、送信元のメールアドレスからのメールを受け取るように、許可アドレスまたは許可ドメインの設定をしておく必要があります。

最近の迷惑メール対策の影響で、これを設定しておかないと正しく受信できないことが多いようです。

 
 

 

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

  • MT4対応の証券会社

    ranking04-11001 アヴァトレードジャパン
    スプレッド EURUSD1.9pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    avatrade120_60

    ranking04-11003OANDA Japan
    スプレッド  EURUSD0.8pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    OANDA Japan