Dll import エラー


 

MT4の自動売買ではExpert Advisor(EA)をチャート上にセットすることになりますが、EAには別途DLLファイルを読み込むプログラムが組み込まれたものがあります。

 

例えば、EAに不正使用対策としてライセンスキーを導入する場合に、単にEAにアカウント解除用のロックを組み込んでも、そのEA自体が解析されてしまうと、自由にEAをコントロールすることが可能となります。

 

一方で、ライセンスに関する部分をDLLファイルに組む込むことで、不正使用をされないようにハードルが一段上がることになります。

 

要するに、EAの開発者がDLLファイルをライセンス取得者に直接配布することで、EAの使用許可を得た方の身分確認ができることになります。

 

これはEAの開発者にとっては、大きなメリットとなります。

 

 

 

EAをチャートに組み込むと、上のようなウインドウが表示されます。

 

この中で、赤枠のAllow DLL importsのチェック欄にチェックを入れておいてください。

 

DLLファイルを読み込む形式のEAですと、このチェック欄にチェックを入れておかないと、エラーとなります。

 

通常、自動売買EAを稼動させる場合は、上の4つのチェック欄にチェックを入れておくと、間違いがないと思います。  

 

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

  • MT4対応の証券会社

    ranking04-11001 アヴァトレードジャパン
    スプレッド EURUSD1.9pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    avatrade120_60

    ranking04-11003OANDA Japan
    スプレッド  EURUSD0.8pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    OANDA Japan