資金管理で負ける理由


 

さて、ここで、もう1つの資金管理の例を紹介します。

 

100万円を2倍(200万円)にするのと、半分(50万円)にするのは、どちらが簡単かご存知ですか?

 

単純に考えるために、前提条件として、相場が上がるか下がるかが50%の確率で、50万通貨の取引で、100pipsの利幅を取るか100pipsで損切りするかのどちらか、というルールで考えてみてください。

 

50万通貨の取引で、100pipsの利幅を取れば+50万円の利益です。

 

逆に、50万通貨の取引で、100pipsの損失になれば-50万円の損失です。

 

資金2倍(200万円)にするためには+100万円なので、2回勝たないといけませんが、半分の50万円にするためには、1回負けただけで資金が半分になってしまいます。

 

また、資金が半分になった後に元に戻す(2倍にする)ためには、25万通貨の取引で2回勝つか、50万通貨の取引で1回勝つかどちらかですが、資金50万円で50万通貨の取引は途中で証拠金不足になってしまう可能性が高いため、非常にハイリスクで不利な取引です。

 

このように考えると、資金を増やすよりも減らすほうが簡単なのです。

 

先ほどの「100万円を2倍(200万円)にするのと、半分(50万円)にするのは、どちらが簡単か?」の答えは、後者の半分(50万円)にするほうが簡単、ということになります。

 

もう少し補足すると、「100万円を2倍(200万円)にすることは、0円になることと同等の確率である」ということになります。

 

つまり、2回に1回は資金を2倍にできても、2回に1回は資金がなくなるということです。

 

これも厳密に言うと、スプレッドなどで不利な面がありますので、負ける確率のほうが高くなります。

 

つまり、FXでこのような取引を続けていたら、いつかは必ず資金がなくなるということなのです。

 

というわけで、現実的で夢のない話をしてしまいましたが、まずはこの事実を受け止めてください。

 

それを踏まえてどうしたらよいかをお教えします。

 

最も避けなければいけないことは、「証拠金不足で取引が続けられなくなること」です。

 

そのためには、多少負けトレードが続いても、資金の割合からすると大した損失ではない、という状態にしておけばよいのです。

 

そのためにも、ロット数を上げすぎては、先ほどの例の二の舞ですので、ロット数を常に抑えた状態に保たなければいけません。

 

いくら優秀なEAでも、必ず負ける時があります。

 

だからこそ、負けたときでも、取引を続けるために影響ない程度の少ない損失で乗り切ることが重要で、そのために資金管理を適切に行う必要があるのです。

 

 

 

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

  • MT4対応の証券会社

    ranking04-11001 アヴァトレードジャパン
    スプレッド EURUSD1.9pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    avatrade120_60

    ranking04-11003OANDA Japan
    スプレッド  EURUSD0.8pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    OANDA Japan