FX 海外口座への入金方法について補足


 

先ほど、業者の口座への入金方法について簡単に解説しましたが、以下の4種類の入金方法について補足説明しておきます。

 

国内の銀行へ振込

海外の業者であっても、日本国内の銀行へお金を振込むことで口座に入金できる業者があります。

 

この場合、国内振込手数料のみで済みます。ほぼ当日中に反映されます。

 

ただし、国内の銀行への振込みに対応している海外業者はかなり少なく、私の知る限りでは、FXCM UK1社のみです。

 

 

海外の銀行へ送金(Wire Transfer)

国内の銀行から、海外の指定口座に送金する方法です。

 

海外送金、電信送金とも言います。

 

手数料は安いところでも5000円程度はかかりますので、送金金額が少ない場合は、手数料の割合が多くなってしまうため、他の方法を使ったほうがコストパフォーマンス的に優れています。

 

海外送金は、送金してから口座に反映されるまでに数日かかります。(最近では大分改善されたようで、早いところでは、当日か翌日に着金することもあるようです)

 

海外送金には、ゆうちょ銀行が手数料も安くて便利です。(ただし、聞くところによると、うまく届かないケースが稀にあるようで、敬遠している方もいるそうです。)

 

 

 

クレジットカード支払い

クレジットカードの支払いで、口座に入金する方法です。

 

クレジットカード支払いでの入金に対応している業者は多いです。

 

クレジットカード入金の場合、大抵のところでは即座に口座に反映されますので、銀行送金よりも早く使えて便利です。

 

また、ポイントが付くクレジットカードの場合は、ポイントも貯まりますので、少しお得になります。

 

ただし、所定の割合で手数料などがかかる場合がありますので、送金金額が多い場合(30~50万円以上が切り替えの目安でしょうか)は、銀行送金(Wire Transfer)のほうが手数料としては安上がりになるかもしれません。

 

一部のクレジット会社によっては、カードによるFX口座への入金を禁止していて、場合によってはカードを停止する例などもあるようです。

 

これは、「現金化」(クレジットカードのショッピング枠を現金にする行為)との兼ね合いか、出金が入金分のキャンセル扱いになるためだと思われますが、クレジットカード会社が対策していることが影響しているものと思われます。

 

そのため、クレジットカード会社によっては使えないことがあるというということを把握しておくとよいでしょう。

 

 

PayPal、Moneybookers、NETELLER等での入金

PayPalなどのオンライン入出金サービスを利用して、口座に入金する方法です。

 

海外では、このようなオンライン入出金サービスに対応している業者が多いです。

 

ただし、PayPal側で、FX口座への入金を禁止するケースも出てきていますので、これらの入金方法が使えなくなることがあるようです。

 

業者毎に、最新の情報をチェックしておく必要があります。

 

こちらも、銀行送金よりも送金後から口座に反映されるまでの時間が早いのがメリットの1つです。

 

ただし、クレジットカード同様、所定の割合で手数料がとられる場合がありますので、送金金額が多い場合は避けたほうが良いかもしれません。

 

 

 

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

  • MT4対応の証券会社

    ranking04-11001 アヴァトレードジャパン
    スプレッド EURUSD1.9pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    avatrade120_60

    ranking04-11003OANDA Japan
    スプレッド  EURUSD0.8pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    OANDA Japan