マルチタイムフレームについて


 

マルチタイムフレームとは、複数の時間足ということを意味します。

 

「木を見て森を見ず」という言葉がありますが、相場は大きな波や小さな波がいくつも重なって形成されています。

 

例えば、日足を見ると明らかな下降トレンドですが、5分足ではレンジ相場というような状況だとします。

 

このようなときは、5分足のレンジの上限では売りポジションを取るものの、レンジの下限では買いポジションをとるのは避ける、というような戦略をとることで、突発的な下落が発生してもリスクを避けることができます。

 

一方、このようなときに、5分足チャートのみを見て、レンジの下限で買いを入れてしまうと、突発的な下落に対処できない、ということになります。

 

 

日足でダウントレンド、5分足でレンジ相場

 

 

5分足でレンジ相場の後のダウントレンド

 

 

このように、大きな時間足を参考にすることで、長期的なトレンド方向を把握します。

 

短期的に逆張りだとしても、長期的なトレンドに逆らわずにトレードすることで、大きく負けにくいようにすることがマルチタイムフレームの考え方といえます。

 

メタトレーダーのEAでは、このようなマルチタイムフレームの考え方を取り入れているものも少なくはないため、このような考え方があるということを知っておくと、パラメータをいじって検証するような時に役に立つことでしょう。

 

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

  • MT4対応の証券会社

    ranking04-11001 アヴァトレードジャパン
    スプレッド EURUSD1.9pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    avatrade120_60

    ranking04-11003OANDA Japan
    スプレッド  EURUSD0.8pips
    レバレッジ 最大25倍
    1000通貨取引 ◎
    OANDA Japan